Q&A

e696b0e38197e38184e38395e382a9e383abe38380-23-014
NYA学園(日本羊毛アート学園)に寄せられるよくある質問をまとめました。

Q,1回の授業の定員は何人ですか?
A,授業の質を維持するために10名までとしています。

Q,毎週通わなくてはいけないのでしょうか?
A,生徒さんの都合のいい日に授業を受けられるので,お仕事などでお忙しい方は3か月に1回などのペースで受講継続することも可能です。また1日に3コマまとめて受講することも可能です。

Q,本科に行かないで初等科だけ受講し続けることはできますか?
A,できます。

Q, 1日に何コマ受けることができますか?
A,1日3コマまで連続受講可能です。

Q, 1作品作るのにどのくらいの時間がかかりますか。
A, 生徒さんのスキルとやる気によります。

Q, 自分の猫や好きな猫種を初回から作ることは可能ですか?
A, 特別な理由がない限り、当学園の制作方法に慣れていただくために初めに香箱座りの白猫を作っていただきます。次に白ベースにトラ模様(キジ、サバ、茶いずれでも可)が部分的に入った猫、その次に全身トラ模様の猫を作っていただきます。制作に慣れてから、愛猫やお好きな猫種をお作りいただくことをお勧めしております。

Q, 自分の飼い犬を初回から作ることはできますか?
A, 可能ですがうまくいかないことが多いので、当学園の制作方法に慣れていただくために柴犬から作っていただくことをお勧めしています。

Q, 希望する犬種を作ることはできますか?
A, 特別な理由がない限り、当学園の制作方法に慣れていただくために柴犬から作っていただいております。2作目からは教科書に載っている犬種(チワワ、ダックスフンド、ポメラニアン、トイプードル、ビーグルなど)を順不同で受講できます。その他の犬種については教科書に載っている犬種終了後に制作することができます。

Q, ペットを亡くしたばかりです。ペットにそっくりな人形を制作したいのですが。
A, 思い出を残すためにそっくりな人形を作ることをおすすめしますが、亡くしたばかりの時期は気持ちの整理がつかず悲しみが増すことがあります。落ち着いてから、かわいかった姿を残してあげてください。

Q, 亡くなった愛猫の毛を使って作品を作ることは可能ですか?
A, 可能ですが、制作に慣れていない段階で大切な毛を使ってしまうのはリスクを伴いますので、慣れてから制作することをお勧めしております。

Q, 亡くなった愛犬の毛を使って作品を作ることは可能ですか?
A, 可能ですが、制作に慣れていない段階で大切な毛を使ってしまうのはリスクを伴いますので、慣れてから制作することをお勧めしております。

Q, 継続して通えなくなった場合はどのようにしたらいいでしょうか?
A, 残念ですが途中で終了になります。また通えるようになるまでお休みしていただいても結構です。

Q, 駐車場、駐輪場はありますか?
A,自転車は教室の前に2~3台停めることができますが、自動車を停めるスペースはないので自動車は近隣のコインパーキングのご利用をお願いいたします。

Q,バリアフリーですか?
A,申し訳ございませんが対応しておりません。

Q,写真、動画撮影は可能ですか?
A,申し訳ございませんがお断りしております。

Q,教室でテキストを購入することはできますか?
A,基本的に教室では書籍の販売はしておりませんので、書店でお買い求めください。

Q,材料費はかかりますか?材料を買うことはできますか?
A,どのコースも材料費込みの金額となります。材料だけの販売は行っていないので、課題以外の作品の材料は個人的にお買い求めください。

Q,道具を購入することができますか?
A,販売できるものとできないものがあります。基本的な羊毛フェルトのスタートキットのような道具は手芸店などでお求めください。

Q,羊毛フェルト人形のキットの販売はありますか?
A,申し訳ございませんがしておりません。

Q,リアル猫ヘッドの作り方を教えてもらえますか?
A,申し訳ございませんが、対応できかねます。

Q,本科にいくまでにどれくらいの期間がかかりますか?
A,個人の力量で違うので一概には申し上げられません。

Q,羊毛経験者なので初等科からではなく本科から始めたいのですが可能でしょうか?
A,羊毛経験者の方が飛び級で本科を受講すると100%挫折します。初等科から始めることで、細かな部分の意思疎通や価値観の共有を経ることができ、作品の質が向上するものだと当校では考えております。よって初等科を経験しないで本科に入ることはご遠慮いただいております。

Q,講師を目指しています。初心者でも講師養成科に入ることは可能ですか?
またどのくらいの期間で資格をとることができますか?
A,講師養成科は羊毛初心者の方でも学べるようにカリキュラムを組んでいます。またカリキュラム内で完成しない場合は補講(別料金)を受けることも可能です。資格取得までの期間に関しては教室に来られる回数やご自宅での作業量によって違うので、一概には申し上げられません。遠方の方で期限の6か月を過ぎてしまいそうな方は相談の上でサポートしていきたいと思っています。

Q、犬や猫以外の動物を作ることはできますか?
A、条件付きで可能です。初心者が1作目で好きなものにチャレンジすると失敗することが多いので、初等科では最低2作品完成した後に好きな動物にチャレンジするように勧めています。また本科で大きな作品を2体以上制作した方に限って、猫や犬以外の動物制作も許可しています。

Q,子連れで受講することはできますか?
A,親御様とお子様が一緒に制作を楽しむことはとても素晴らしいことなので大歓迎です。しかし当校は保育施設の用意はございませんので親御様だけが授業を受け、お子様を放置してしまう形になりますとお子様が寂しがってしまったり、ほかの生徒さんの迷惑になる場合があるので単なるお子様同伴でのご受講はご遠慮いただいております。

Q,犬や猫を連れて同伴で受講することはできますか?
A,申し訳ございませんが、できません。生徒さんの中にはアレルギー反応の出てしまう方が居たり、万が一 受講中にペットに病変が起きてしまった際の対応ができないのでペット同伴での受講はご遠慮ください。

Q,作品を販売することはできますか?
A,授業で製作したものはあくまで個人で楽しむものであって、販売を目的としておりません。講師の許可なく販売はできません。

Q,就職先のあっせんはありますか?
A,申し訳ありませんがございません。当校は専門学校ではないので就職先のあっせんなどは一切行っておりません。

Q,入学試験や年齢制限はありますか?
A,ありません。社会人の方でも主婦の方でも男性の方でも学生の方でも猫や犬が好きな人であれば誰でもリアル猫、犬制作を学べるように常に門戸を開いております。

Q,質問や問い合わせをしたい場合はどうしたらよいのでしょうか?
A,質問や問い合わせには電話とメールの2つの方法がありますが、電話の場合担当者が不在だとオペレーションセンターに周ってしまい返信が遅れてしまうことがございます。早く問い合わせの返事がお知りになりたい場合は info@woolart.org までメールでの問い合わせをお勧めしております。その際はイタズラや荒し目的のメールと区別するため、しっかりとご自身の「お名前(フルネーム)」と「返信先」と「ご質問の内容」をお書きいただくとスムーズなやり取りができると思われます。お手数ですがよろしくお願いいたします。

Q,犬や猫を飼ったことも触ったこともないのですがリアルに作れますか?
A,作れます。直ぐにはできませんがいつか作れるようになります。
日本羊毛アート学園の学園長である佐藤法雪は猫を飼ったことも触ったこともないまま、観察と修練を続けリアルな猫を作れるようなりました。その後協力者と共に日本羊毛アート学園を創設し猫を飼ったことがないままハウツー本を何冊も出版しています。もちろん猫を飼って自由に触れる環境があった方が有利ですが、作りたいと思う情熱があれば作れるようになります。

Q,卒業証や終了証はありますか?
A,当校は単なる手作り教室ではなく、猫や犬などの動物のありのままの姿をモチーフとすることによって「個別の生命観」や「命の光」などを表現していくことを念頭に置いています。この作業はとても奥が深く意義深いものです。生涯を通して挑み続けられるライフワークとして十二分な価値のあるものだと確信しておりますので、当校には卒業証や終了証などのシステムは用意しておりません。

Q,地方に住んでいます。谷中のほかに日本羊毛アート学園の系列の学校はありますか?
A,谷中の日本羊毛アート学園が本校でありそれ以外の系列教室はありません。
カルチャー教室は都内を中心にいくつか開催しております

(注意)過去に日本羊毛アート学園で佐藤法雪の授業を受講して辞めた者が日本羊毛アート学園の名で卒業修了書を偽造し教室を開いている輩がいると聞いております。日本羊毛アート学園は卒業証書や終了証などは発行していません。日本羊毛アート学園とは無関係なのでご注意ください。

★その他のご質問、お問い合わせは info@woolart.org までお気軽にどうぞ!