【猫科】認定講師育成科

≪内容≫

認定講師育成科では、豊富な経験と実績により育まれた学園長 佐藤法雪 独自の猫人形制作法を習得・理解し、第3者にしっかりと伝えることのできる猫人形制作の指導者・伝承者の育成、輩出を目指します。

初心者の方でも、針の持ち方から高品質な猫人形を制作できる技術を学べるよう、全30コマのカリキュラムをご用意しました。その中で習得した技術を第3者に伝達する技術・指導方法を学び、しっかりと習得された方は、認定講師として資格を得ることができます。

■ 認定講師になると…
当学園の認定講師の資格として免状が発行されます。
外部のカルチャーセンターなどで講師として授業を行うことができます。
イベントや催事などで認定講師としてワークショップを開催することができます。
ご自宅の一室を利用して自宅開業を行うことが可能となります。
認定講師向けのハイレベルな勉強会に参加する権利が得られ、さらなるレベルアップを目指すことができます。

≪料金≫

■ 受講料
¥195,000(2.5H×30コマ)

■ 補講料
一般:¥5,500(2.5H×1コマ)
会員:¥4,500(2.5H×1コマ)
規定のコマ数内で課題がクリアできない場合には、課題ごとに補講を受けていただきます。

■ 受講方法と期間
・当学園のその他の授業と同様、毎週火曜日に開講される授業内でご受講いただけます。

・お申し込み時にお支払い方法のご希望を併せてご連絡ください。

・有効期限:初回受講日より6ヶ月とします。
※有効期限内に自由課題(第30回)までの受講をお済ませ、実技試験をご受講ください。
※最後に授業を受けた日から約3か月(90日)以上受講されず空いてしまった場合は技能不適格として受講資格が失効してしますのでご注意ください。

■ 実技試験料
¥22,000
カリキュラムに沿って12体の猫人形を制作したあと、自由課題を制作し作品の提出をもって実技試験とします。
実技試験料は受講者の技能を判断する際にお支払いいただく試験料になります。

実技試験はカリキュラムに沿って出席・課題提出をしていれば全員が合格するというわけではありません。
技能不十分と判断された場合、再試験および補講で再度授業を受けていただく場合もあります。

■ 講師認定料
¥22,000
実技試験を合格した方は、次に実地講習としてカルチャー教室などで講師補助をしながら教え方を学んでいただきます。実地講習で教え方をマスターした方のみに講師認定資格を与えます。実地講習の期間は、カルチャー教室で最低1クール(約2~3か月)の講師補助を行いますが、 現場対応力によって異なる場合もあります。

■ お支払方法
・銀行振り込み(一括のみ)

振込先口座
特定非営利活動法人 日本羊毛アート協会
みずほ銀行 根津支店 普通 1194777
・当日現金払い(分割のみ)
※銀行振り込みの場合には、受講日の5日前まで(該当日が銀行休日の場合はその前日)にお支払いください。
※手数料は各自ご負担ください。
※当講座はクーリングオフの対象外です。従って納入された代金は理由の如何に関わらず、ご返却いたしません。また、中途解約は原則お受けできません。あらかじめご了承の上、お振込みください。

★当校受講歴のある方へ
すでに当学園で受講歴および制作経験がある方は、課題提出のクオリティーに応じて認定講師育成科へ編入が可能です。初等科や本科から編入を希望される場合には、受講期間を短縮して実技試験を受けることができますが、すべての課題に対して最低1コマは受講をし、作品を提出することが条件となります。どの段階へ編入を行うかは主任講師の判断とします。
※当学園で受講歴がある場合でも、最後の受講から1年以上経っている場合には編入はできません。

(例)最短で認定まで至った場合
受講料(¥6,500/1コマ×12コマ)+実施試験料(¥22,000)+講師認定料(¥22,000) = ¥122,000

 ≪カリキュラム≫

認定講師育成科